Zen英語特化型スクール|オンライン英会話|最終23時までOK

自宅からオンラインで受講できる!英語習得率90%!以上の実績を誇る国分寺の英語塾

ホームZenブログ ≫ 無料で独学困難な前置詞のwithを徹底攻略 ≫

無料で独学困難な前置詞のwithを徹底攻略

英語学習者必読!

無料で前置詞のwithを徹底攻略できます。

もちろん、英語が苦手でも、英語力ゼロから、誰でも簡単に実践できる前置詞習得術ですから、安心してくださいね。

もし、前回のブログをご覧になっていない方は、

戻って前回のブログを先に見てください。


復習です。

前置詞の勉強で一番やってはいけないことは何でしたか?


前置詞の勉強で一番やってはいけないことは、

前置詞の1つ1つの用法を丸暗記することでしたね。

では、どのように勉強すればよいのでしょうか?

 

前置詞の勉強で大事なことは、

前置詞のコアイメージ(本質)を理解し、

そこから、たくさんある用法に理解を深めていくことです。

前置詞のwithのコアイメージ(本質)は、【連結】です。

⇨〇⇦

   ↑

前置詞のwithのコアイメージ(本質)


前置詞のwithの用法は、全部で8個あります。

それでは、1つ1つみていきましょう。


同伴「~と一緒に」

  例文:Tom went to the park with Mary.

   訳:トムは、メアリーと一緒に公園へ行った。

 

同時「~につれて」

  例文:With the coming of spring, it's getting warmer.

   訳:春が来るにつれて、暖かくなる。彼女右派

 

原因「~のせいで」

  例文:I was shivering with cold.

   訳:私は、寒さ震えていた。

 

道具「~で」

  例文:I wrote the letter with a pen.

   訳:私は、ペンその手紙を書いた。

 

様態「~に」

  例文:He works with diligence late a night.

   訳:彼は、夜遅くまで熱心働いている。

 

関連「~に関して」

  例文:She has nothing to do with the matter.

   訳:彼女は、その件に関して何の関係もないです。

 

付帯状況「-が~して状態で」

  例文:He sat with his legs crossed.

   訳:彼は、足を組んで座った。

 

相方向の感情「~に対して」

  例文:Tom was angry with Mary.

   訳:トムは、メアリーに対して腹を立てた。


いかがでしたでしょうか?

全部で8個もある前置詞のwithの用法を丸暗記するのは、

大変ですし、非効率的ですよね。

しかし、前置詞のコアイメージ(本質)を理解し、

そこから、たくさんある用法に理解を深めていくことで

はるかに効率的に学習できますよね。

 

前置詞のwithのコアイメージ(本質)は、【連結】です。

しっかり復習して、前置詞のwithを徹底攻略してくださいね。

 

次回のブログでは、前置詞のatのコアイメージ(本質)を伝授しますので、

楽しみにお待ちください。

2020年10月26日 11:17

東京都国分寺市南町3-4-3

営業時間 9:00〜22:30
(レッスン最終23時迄)
時間外も要相談