Zen英語特化型スクール|オンライン英会話|最終23時までOK

自宅からオンラインで受講できる!英語習得率90%!以上の実績を誇る国分寺の英語塾

ホームZenブログ ≫ 無料で独学困難な前置詞のatを徹底攻略 ≫

無料で独学困難な前置詞のatを徹底攻略

英語学習者必読!

無料で前置詞のatを徹底攻略できます。

もちろん、英語が苦手でも、英語力ゼロから、誰でも簡単に実践できる前置詞習得術ですから、安心してくださいね。

それでは、本日も前置詞のコアイメージ(本質)を理解し、

そこから、たくさんある用法に理解を深めていきましょう。

前置詞のatのコアイメージ(本質)は、【1点】です。

⇒〇

   ↑

前置詞のatのコアイメージ(本質)

前置詞のatの用法は、全部で4個あります。

それでは、1つ1つみていきましょう。


場所・時の1点「~に、~で」

例文:Tom are at the lake.

訳:トムは、その湖いる。

 

例文:The meeting will be over at 2 p.m.

訳:その会議は、午後2時終わるだろう。

 

原因【感覚の1点集中】「~を見て、聞いて」

例文:I was surprised at the news

訳:私は、そのお知らせを聞いて驚いた。

 

速度・価格・割合【スピード・メーターの目盛の1点】「~で」

例文:The car was running at 70 kilometers per hour.

訳:その車は、時速70キロ走っていた。

 

目標【ねらいの1点】「~をめがけて」

例文:Tom threw the ball at Mary.

訳:トムは、メアリーをめがけてボールを投げた。

 

お疲れ様です。

前置詞のコアイメージ(本質)を理解し、

そこから、たくさんある用法に理解を深めていく前置詞習得術に少しづつ慣れてきましたか?

前置詞のwithのコアイメージ(本質)は、【1点】です。

しっかり復習して、前置詞のatを徹底攻略してくださいね。

2020年11月07日 16:07

東京都国分寺市南町3-4-3

営業時間 9:00〜22:30
(レッスン最終23時迄)
時間外も要相談